業務用タブレットを設置している飲食店増加

最近では、業務用タブレットを取り入れている飲食店も少なくありません。

特に、食べ放題などのお店に行きますと、テーブルの端に、注文用の業務用タブレットが設置されていて、追加の商品を顧客自身が選択して注文できるようになっています。お店側としては、顧客がそのタブレットを注文してくれることで、いちいち注文を聞きに行かなくていいというメリットがあります。

調理室にそのタブレットからの注文を表示させる機材を置いていて、それに応じた準備をすれば、注文を取りに行くウエイトレスの人件費を削減することが可能になります。

ホールスタッフは、注文を聞かなくてよくなった分、その労力をバッシングといういわゆる片付けの作業に回すことができます。


行列ができるような食べ放題のお店では、いかに顧客の回転率を上げるかで、売上金額が変わってくるのです。
つまり、注文を聞きに行く手間を省いて、片付けをするスタッフを確保しておけば、お店の回転率もあがり売上が伸ばせる仕組みになっています。
顧客としても、混んだ店内で、オーダーを取るホールスタッフを捕まえるのは一苦労です。


大きい声で「すいませーん」と呼びかけなくてもよくなったので、顧客としても非常に注文がしやすく、スムーズに食事が楽しめるようになります。

ターゲットに応じたNAVERまとめについての情報ならこのサイトです。

しかも、業務用タブレットであれば、オーダーするメニューの画像も一緒に表示できるので、注文間違いなどを減らすという利点もあります。



これから飲食産業でも、大いに活躍するでしょう。